h30/01/16 1月例会(グリーフケア)

新年早々の例会でしたが、始めに私達「熊本みなみワイズメンズクラブ」の元連絡主事で、元みなみセンター館長でもあり、先日の熊本大地震時の御船の避難所運営の責任者だっ た「秋寄ワイズ」の突然の訃報に、全員黙祷を捧げました。ご 冥福をお祈りします。
ハッピーバースデー:寺田節子ワイズ、宮崎睦美ワイズ、中村邦男ワイズ、木佐貫浩一ワイズアニバーサリー:12月分/大村ワイズ 1月/堀ワイズ記念品のコーヒーを贈呈。
活動報告
1) 芦屋クラブ 20 周年クリスマス例会(12/23)報告(後藤会長)
2) 熊本地区新春合同例会について(木佐貫ワイズ)
3) 熊本地区交流委員会報告(桑原ワイズ)
4) DBC 活動について/今年3月位に行けたら芦屋クラブに連絡を入れますとの事。

今年の後藤会長の方針で、介護医療関係の卓話ということで、先日入会された「宮崎睦美ワイズ」に「グリーフケア~哀し みにある人へのケア~」 と題して卓話をおねがいしました。
「グリーフケアとは悲嘆(かなしみ)のケアと言われます。“かなしみ”を知ることは、人の心を知り、人の繋がりに気付き、そして命を感じた先に、今を生きる前向きなケアとなります。多くの命を守るための大切なケアのひとつをお伝えします。」とあ ります。
「闘病中の方・介護をされている方」のお悩み、また「大切な存在を失った方々」のお悩み等等、心の痛みを和らげるのが「グリーフケア」の仕事で、「あなたの心に寄り添い、よ り自分らしく生きるためのお手伝いをされる。」との事でした。
これからも、ワイズメンとしてどんなお手伝いが出来るかを思い続けたいです。